クリスチャンマリア,睡眠

クリスチャンマリア買うなら楽天?アマゾン?最安値販売店は?

クリスチャンマリアを買うなら楽天?アマゾン?最安値販売店はどこなのでしょうか?クリスチャンマリアは楽天、アマゾンではなくこちらが最安値販売店です。

バストアップに効果抜群の睡眠方法4つ!


 

バストアップのためにとても大切なのが、十分な睡眠を取る事です。

 

それは、バストアップに欠かせない女性ホルモンが睡眠中に一番盛んに分泌されているからなんです。

 

睡眠時間の理想は、個人差がありますが大体7~8時間とされています。

 

しかし、忙しい現代に生きている私たちは、毎日きっちりと睡眠時間を確保するのが難しい事もありますよね。

 

バストアップのためにも、効果的な睡眠方法があったら試してみたいところです。

 

今回は、そんな効果的な睡眠方法4つをご紹介したいと思いますので、是非試してみてくださいね。

 

バストアップのための睡眠方法① 寝相

皆さんは、寝る時にどんな体制で寝ていますか?

 

やはり人それぞれ寝やすい形があると思いますが、バストアップのためにはここに注意が必要なんです。

 

うつぶせ寝

うつぶせ寝の場合、バストが潰れてしまう可能性があります。

 

トップバストが潰れてしまうと、バスト全体の形も崩れてしまいます。

 

横向き寝

横向き寝の場合は、バストが横に流れてしまいやすくなります。

 

また、たるみが出てきてしまう可能性もあります。

 

バストを守るために一番いいとされている寝方は、上向き寝です。

 

心臓に負担を与えることなく寝られ、深い睡眠が取れるとされていますので、ちょっとづつ慣らしてみてくださいね。

 

バストアップのための睡眠方法② 温める

女性に多い冷え性。心当たりがある方は注意が必要です。

 

体が冷えた状態で寝ていると、バストアップのための女性ホルモンの分泌が抑制されてしまいます。

 

ホットミルクを飲んだり靴下を履いたりして体を温めてから寝ると良いでしょう。

 

体が温まっていると、リンパも良く流れるようになり睡眠中の代謝も上がりますよ。

 

バストアップのための睡眠方法③ リラックス

ストレスが溜まった状態は、心的にもバストアップにも良くありません。

 

疲れが取れていなかったりストレスが溜まっていると、リンパの流れも滞りやすくなってしまうんです。

 

寝る前にアロマを試してみたりするのも、心地よい眠りのために効果がありますよ。

 

しかし、寝る前のスマホや食事は質の良い睡眠にとっては逆効果です。

 

特に寝る前にスマホをいじると、ブルーライトによって目も疲れ、脳も寝る状態にならなくなりますので注意してくださいね。

 

バストアップのための睡眠方法④ 12時前に寝る

バストアップのための女性ホルモンが一番分泌されるのは、寝てから3時間後がピークになります。

 

深い眠りについている状態が一番分泌されやすいので、3時間後に深い眠りについていると良いですね。

 

人は明け方になると、体が眠りから覚め始めます。

 

そのため、できるだけ12時前にはベッドに入って眠ると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

バストアップのためには、質の良い睡眠をとる事がとても大切なポイントになります。

 

しかし、忙しい方は12時前に寝るのも難しいという事もありますよね。

 

その場合は、ストレッチやアロマなどでリラックスした状態でゆっくりと寝られるようにしましょう。

 

出来るだけ深く眠る事でバストアップが出来、さらに体の疲れも取れますよ。

 

この記事に関連する記事一覧